Q. 【運用サポートファイル】のダウンロードはこちら

A.

------------------------------------------------------------------------------------------------------
運用サポートファイルのダウンロードは下記のボタンをクリックしてください。
※ Excelファイルのため、officeが入ったパソコンのみでご利用頂けます

------------------------------------------------------------------------------------------------------

● 運用サポートファイルとは
作品プロモーションの目標費用対効果と実際の運用データを照らし合わせて、作品ごとに最適な運用アドバイスを表示するファイルを指します。

● 運用サポートファイルの活用頻度について
作品プロモーションの配信実績、費用対効果の高い作品は、変化していきますので、
繰り返し、このファイルをご活用ください。
月に1回程度更新頂き、分析結果に基づいた対応をして頂くことを推奨します。なお、運用サポートファイルは皆様のご意見を元にアップデートしていく予定ですので、毎回本ヘルプページより、最新版をダウンロードして、ご使用ください。

● 運用サポートファイルの利用方法
まずは上記のダウンロードボタンからファイルをダウンロードしてファイルを開き、
下記(1)〜(4)の項目を入力し、(5)のボタンをクリックしましょう。


(1)目標の費用対効果


作品プロモーションを活用して、得たい費用対効果をプルダウンで選択してください。

▼選択

※目標の費用対効果がわからない場合は、仮で200%を選択してください。
※正確な目標費用対効果を算出されたい場合は動画をご確認のうえ、算出してください


(2)現在設定している1日あたりの予算


ダッシュボードの「1日の予算」を確認し、1日あたりの予算を入力してください。

▼ダッシュボード(リンク

▼入力


(3)過去7日間の平均費用


過去7日分のご利用金額の平均を算出し、入力してください。
(例:過去7日間の利用金額が7,000円だった場合:7,000円÷7日間=1,000円となるため「1,000円」を入力します。)

▼ダッシュボード(リンク

▼入力

※もし7日間以上の実績がない場合は前日の利用金額を入力してください。


(4)直近1ヶ月分の作品別実績レポート


下記手順に沿って、作品別データをダウンロードし、そのデータを運用サポートファイルの「作品タイトル」と記載されている緑のセルにカーソルを合わせて、データを貼り付けてください。

※最新のデータが多いほど正確な分析が行えるため、直近1ヶ月間のデータを推奨していますが、もし1ヶ月間のデータが溜まっていない場合は、少なくとも1週間以上のデータでお試しください。

▼ダッシュボード(リンク


(5)「こちらをクリック」を押すと、分析結果が表示されます



◆ 分析結果の見方

(1)総括:分析結果と改善方針

過去1ヶ月の実績を元に、下記内容のアドバイスが表示されます。こちらのアドバイスを元にご設定をお願いいたします。
-------------------------------------------------------------------
・目標費用対効果に対する実績
・設定予算に対する実績
・上記を踏まえた具体的なアクション
-------------------------------------------------------------------

(2)作品ごとの分析結果

下記、強化、再開、抑制、様子見、停止フラグに合わせて、対応していきましょう。

なお、1ヶ月分のデータを元に判断しているため、トレンドが過ぎた作品(1月にクリスマスリースなど)にも、強化・再開フラグが表示される場合がございます。
季節性・トレンドで効果が大きく左右される作品に関しましては、ご自身で対応のご判断をお願いいたします。

▼設定変更方法

アドバイスを踏まえて、各作品の設定を変更する際には、各作品の「設定変更URL」の「変更する」ボタンをご活用ください。
※作品タイトルに、不明な記号が入っていた場合、リンクができないため、記号を取り除いてご自身で検索をお願いいたします。

▼対応フラグ

1.強化


実績が目標費用対効果よりも高い作品です

[対応]
配信設定:ON(継続)
上限クリック単価設定:運用サポートファイルの「適正上限クリック単価」を設定


実績が目標費用対効果よりも高いため、上限クリック単価を引き上げることで、
クリック数の増加及び注文数の増加に繋がります。

2.再開


作品プロモーション経由の注文がありますが、現在の配信設定がOFFの作品です

[対応]
配信設定:OFF→ON(再開)
上限クリック単価の設定:運用サポートファイルの「適正上限クリック単価」を設定
※表示されない場合は、ダッシュボードの上限クリック単価下部の「推奨」単価を設定


再度、作品プロモーション経由の注文が発生する可能性がある作品ですので、
配信設定をONに切り替えましょう。

3.抑制


作品プロモーション経由の注文はありますが、目標費用対効果未満の作品です

[対応]
配信設定:ON(継続)
上限クリック単価の設定:上限クリック単価を引き下げましょう(目安:-10%)



上限クリック単価を下げることで、費用対効果が見合う可能性があります。
目安として、一律-10%引き下げることを推奨します。

[参考] 一括調整方法
①上限クリック単価を、変更したい作品にチェックを入れて、
「上限クリック単価を変更」ボタンを押します

②「割合で変更」を選択し、「引き下げ」、割合「10%」を ▼プルダウン で選び、「OK」ボタンを押します。

4.様子見


作品プロモーション経由の注文がなく、効果を判断するための実績が不十分の作品です

[対応]

配信設定:ON(継続)
上限クリック単価の設定:ダッシュボードの上限クリック単価下部の「推奨」単価を設定


まだ作品プロモーション経由の注文が無い作品ですが、効果を判断するクリック数や、費用に達していません。これから注文が入る可能性があるので、停止はせず、継続して配信頂くことを推奨いたします。

5.停止


効果を判断するための実績があり、作品プロモーション経由の注文がない作品です

[対応]
配信設定:ON→OFF(停止)、配信推奨度の高い作品を追加設定
上限クリック単価の設定:変更なし


既に効果を判断するクリック数や、費用に達していますが、作品プロモーション経由の注文がない作品です。

例えば、目標費用対効果が300%、費用に対して3倍の効果を目標にした場合、
作品単価が3000円の作品は、プロモーション費用1000円で1件注文が無いと、目標費用対効果を達成することができません。

ご設定いただいた目標費用対効果と、平均の作品単価を基準に、停止すべき作品にフラグを立てていますので、作品を停止し、新しい作品(ダッシュボード上の配信推奨度が高い作品)を設定することを推奨します。

▼ご利用後の感想やお気づきの点を受け付けています

ご利用いただいた感想やお気づきの点がございましたら、アンケートからご連絡頂けますと幸いです。 ご意見を参考にさせて頂き、可能な範囲でアップデートさせていただきます。