Q. 「翌月の広告準備金」について

A.

Q1、翌月の広告準備金とは何ですか?

翌月の広告準備金とは、当月の振込対象金額の一部を翌月の作品プロモーションの目安予算として振り込みを繰り越す金額です。
作品プロモーションの支払い方法を「クリーマの売上から相殺する」を選択している状態で振込申請を行う際にご入力していただきます。

※作品プロモーションの支払い方法を「クリーマの売上から相殺する」を選択している状態で、売上が全額確定すると、振込手続きが完了するまでの間、売上から費用を相殺できなくなり、作品プロモーションが停止するため、入力が必要になります。


Q2、翌月の広告準備金は必ず設定しないといけないのですか?

作品プロモーションの支払い方法を「クリーマの売上から相殺する」を選択している状態で振込申請予約をされる際は必須となります。


Q3、翌月の広告準備金は翌月の作品プロモーション費用として必ず利用しないといけ
ないのですか?

いいえ。
翌月の広告準備金という勘定項目はなく、売上の振込みを繰り越して、月を跨ぐタイミング(振込対象金額が確定するとき)も作品プロモーションが停止しない状況を作ることが目的なため、必ず利用しないといけないわけではありません。


Q4、翌月の広告準備金はいくらぐらいに設定すべきですか?

現在設定中の1日あたり予算に31日分を掛けた金額(=1ヶ月分の想定予算)を推奨しています。
または過去の作品プロモーション費用履歴を見ていただきながらご判断いただくこともおすすめです。
なお、翌月にも売上の計上が見込まれるかと思いますので、その点も考慮しながらお決めいただけますとよいかと思います。


Q5、
月末時点で振込申請時に入力した翌月の広告準備金を振込対象金額が下回った場合どうなりますか?

全額振込みが保留となります。


Q6、
翌月の広告準備金を設定していましたが、月末時点で作品プロモーションを利用していない場合や支払い方法をクレジットカードに変更していた場合どうなりますか?

一度設定するとキャンセルできないシステムとなっているため、設定していた翌月の広告準備金分振込みが保留となりますので、次回の振込申請をお待ちください。

Q7、広告準備金を設定する必要がない状態(作品プロモーションを利用していない状態または支払い方法クレジットカードで利用していた状態)で振込申請を行いましたが、その後月末時点で作品プロモーションの支払い方法「クリーマの売上から相殺する」で利用していた場合どうなりますか?

確定した振込対象金額の10%が広告準備金となり、振込みが保留されます。
※キャンセル等はできませんので、次回の振込申請をお待ちください

 

>作品プロモーションのヘルプページへ戻る