Q. 写真撮影のコツ:1 手ブレの無い、作品の輪郭がきれいにわかる写真を撮る

A.

【作品写真撮影のコツ】シリーズでは、全4回に分け、
きれいな作品写真の撮るためのポイントをご紹介します。

第1回:手ブレの無い、作品の輪郭がきれいにわかる写真を撮ろう

作品写真の一番の基本は、手ブレがなく、作品がしっかり写っていることです。
多くのカメラには手ブレ補正機能がついていますが、それでもブレてしまう時の対処法をご紹介します。

【基本のカメラの構え方】
基本は、固定した左手にカメラを乗せ、右手の人差し指だけを動かしてシャッターを押します。
シャッターを押すときに腕全体、もしくは体ごと動いてしまうと、ブレやすくなります。

【三脚・タイマーを活用しよう】
手ブレの一番の原因は、シャッターを押すときの手の動きです。
三脚&タイマーを使えば、シャッターが下りる時にカメラが動かないので、ブレの無い写真が撮れます。
satuei
(左)コンパクトデジカメも、下に手を添えて構えましょう。
(中央)デジタル一眼の構え方。
(右)卓上のミニ三脚を使うと、手ブレを防ぐことができます。特に小さいものの撮影におすすめです。

※手ブレやピントが合っていない写真は
サイトユーザーさまに不利益を与える可能性がありますので、
作品の公開を一時的に停止させていただく場合がございます。

【作品写真撮影のコツ:2】適度な明るさ・色味で、作品を綺麗に見せよう >>