Q. 写真撮影のコツ:2 適度な明るさ・色味で、作品を綺麗に見せよう

A.

【作品写真撮影のコツ】シリーズでは、全4回に分け、
きれいな作品写真の撮るためのポイントをご紹介します。

適度な明るさ・色味で、作品を綺麗に見せよう

写真が暗すぎたり、明るすぎたりすると、作品の色味や形が分かりづらくなり、
魅力が十分に伝わりません。
光をきれいにあてて、素材感や奥行が感じられる写真を撮りましょう。

【自然光のもとで撮影しよう】
自然光のもとで撮影すると、色味が実物に近く写ります。
また光の当たり方にムラがでにくく、素材の質感が分かりやすくなります。

★光の当て方は「サイドから」がおすすめ!

作品の横や、やや斜めから光を当てると、
立体感が生まれ奥行きを感じられる写真になります。


サイド光
作品に対し、画面右側から光を当てています。
作品が立体的に写り、奥行きを感じる写真になっています。


順逆
左の写真は、画面の手前から光が当たる「順光」で撮影しました。
奥行きを感じにくい、平面的な写り方になってしまいます。
右の写真は、画面の後方から光が当たる「逆光」で撮影しました。
作品の手前に影が落ち、暗い印象になってしまいます。

《NG》直射日光は、濃い影が作品の邪魔をしてしまいます。
レースカーテンを引いて直射日光をやわらげるか、
窓から少し離れて撮影すると、光が全体にあたります。

【レフ版を使おう】
レフ版を使うと、作品により立体感を出したり、
余計な影を消したりすることができます。

ref
(左)レフ版なし。
(右)レフ版あり。作品の前面に光が当たり、明るく見やすくなっています。

★レフ版は、白い紙やアルミホイルを段ボールに張った物で十分!

<<【作品写真撮影のコツ:1】手ブレの無い、作品の輪郭がきれいにわかる写真を撮ろう

写真撮影のコツ:3 カメラの機能で明るさ・色味を調整する>>