Q. 作品を売るコツ

A.

作品がよく売れる人気のクリエイターさんによく見られる傾向をご紹介します。
-----
①出品作品数が多い

ギャラリーページを訪れた際に、たくさんの作品が並んでいる方が、
より世界観が伝わりやすく、
また訪れたユーザーさんの異なる趣向に対応できるため、購入に繋がりやすいようです。

knap

②写真がきれい

ハンドメイドのオンラインショッピングにおいては写真が「売れる」「売れない」に大きく関わってきます。
ぜひ撮影を上手に行っているユーザーさんを参考にしてみてください。

1

※以下のページで写真撮影のコツをご案内しております。
手ブレの無い、作品の輪郭がきれいにわかる写真を撮る

適度な明るさ・色味で、作品を綺麗に見せよう

カメラの機能で明るさ・色味を調整する

作品の魅力を表現する

③写真が大きい、登録枚数が多い、サムネイルで作品の概要が分かる

キレイな写真なだけでは不十分で、作品の細部が伝わるような大きな写真を用意しましょう。
クリーマでは縦横600ピクセル以上の写真が推奨となります。
また、5枚まで写真が登録可能ですので、最低3枚は登録しましょう。

3

また、作品一覧に作品サムネイルが並んだ時に、作品の概要が伝わることも重要です。
特にネックレスや洋服、バッグなどの「縦長写真」の場合に、
上下が見切れてしまうことがよくありますが、これだとクリックがされなくなってしまいます。

一方で、全体を映そうとするあまり、引きすぎた写真になってしまうと、
これも同様にクリックがされません。

作品一覧に並ぶのは登録写真の1枚目となりますので、1枚目については全体を映さずに、
「横長写真」にして、作品の特徴を表す部分を映し、2枚目以降で全体を映すのがおすすめです。

(例)
12

サムネイル写真はこうなります
↓↓↓

3

④作品紹介文はしっかりと

作品数が多く、写真がしっかりとしていても、購入をためらってしまうかもしれません。

・サイズ、重量
・素材
・どんな想いを込めてつくったか
・どんなシチュエーションで使ってもらいたいか
など、内容を充実させましょう。

⑤プロフィールの充実

2

以下の3点をまずは充実させましょう。

1.プロフィール写真
ご自身の写真やブランドロゴ推奨。

2.自己紹介文
・作家プロフィール(経歴、受賞歴、展示・イベントの活動状況 etc)
・作品に込める想い、制作におけるこだわり
・制作に影響しているコト、モノ
など「作り手の世界観、想い、信頼感」が伝わるよう、内容を充実させましょう。

3.ギャラリー写真
創作風景、展示の様子、代表作品、こだわりの道具など、
プロフィール写真だけでは伝える事の出来ない「作り手の雰囲気・ブランドイメージ」を表現しましょう。
-----
以上です。

また、ブログやtwitter、mixiなどを通じて最新の出品情報を発信されている方も多くいらっしゃいますので、
ぜひご活用頂ければと思います。

ぜひ参考にして頂き、素敵な作品をご出品下さい!